読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来ちゃんノート

未来ちゃんへ話したいことや書きたい手紙などを取り留めなく綴るノート

つまり感動

思い出というのは過去で、ぼんやりしているとよく過去のことを脳内で再生していたりする。

そういう時の私はどこにいるんだろうかと思うと、やっぱり身体ごと、今ではない過去にいるような気がする。

それも、本当のその時の過去の時間にいるわけではないから(物理的に身体は今ここにあるから)、なんかこう、「モヤっとした空間」みたいなところにいるのかもしれない。

はざま、というか。

私は気を抜くとすぐそうなってしまうので、今にちゃんといるように心がけようと最近思っている。

過去に引っ張られないように。

今がすべてだから。

これはもう、そうすると決めて、やるしかない。

決めるということは、ものすごいチカラがある。

そして、決めただけではなく、決めて動くことで初めてカタチとしてこの世界にあらわれる。

というか、本気で決めれば勝手に動いてしまう。

自動操縦のように。

だからとにかく、最初のところだけ、しっかりと決めること。

そしてあとはもう考えない。

 

過去の思い出の中でなく、毎瞬今ここに接続していると、ちゃんと必要なことが起こるから力んだり怖れたり焦ったりしなくていいんだろうな〜と分かっていても、その境地に至るまではそれはもうまだまだで、腹を括って人知れず地味で地道な努力を続けるしかないんだと思う。

でもそれは歯を食いしばるような努力ではなくて、ダンスの練習、みたいな感じがする。

相手と呼吸を合わせてダンスの練習をするような感じ。

相手とは宇宙でわたし。

 

話は変わるけど、最近二つ、ものすごく良かったものがあって、ひとつは「はいからさんが通る」という昔の漫画、もうひとつは「聖の青春」という映画。

漫画は寝るのも忘れて一気に読んだ。

映画も漫画もものすごく集中してしまうから、見ている最中は自分は無くなってて、見終わったときは戻ってきてもしばらくぼんやりしてしまう。

完全にその世界に入り込んでしまうほど面白いものがこの世にはまだまだたくさんあるなんて、なんて幸せなことだろう!

素晴らしい芸術に触れると、人間って良いなぁ、すごいなぁ、と感激して、とても元気が出る。

こんな素晴らしいものを作って見せてくれてくれてありがとう!と思う。

単純かもしれないけど、そういうシンプルな感動が、いちばんの私の栄養なのかも知れない。

「感動」

それだけなのかも。

 

 

広告を非表示にする

自由

生きていることは面白くて、

連絡しようと思い付き、いや、やめておこう、と思った友人二人から立て続けにメールがきた。

元気?って。

そしたらそのうちの一人に、

何かやりたいことがあるの?と聞かれた。

そして生まれて初めてわたしは、

物書きになりたいんだよ、と伝えた。

そしたらその友だちが、

自分もこれからやりたいことは文書を書く事なんだ、と教えてくれた。

驚いた、そしてなんかうれしかった。

もう一人の友達は、私が誰にも言わずひとりで文書を書いていることを唯一知っている友達。(このブログのことは知らせてない)

 

この友だち二人に「物書きになりたいんだよ!」とメールしようかな、と思ったら、メールが来た。

不思議なようだけど、そういうことなんだなと思う。

速い。

さっきたまたま見たテレビで、事故で死にかけたことで人生は短いとわかり、サラリーマンを辞め、本当に好きなことを始めてそれで幸せに生きている人が出ていた。

良い笑顔だった。

私の目標は、あんなふうにすっきりと抜けた、一点の曇りもない良い笑顔ができる生き方をすること。

勇気を出して好きなことだけをして、それで溢れた幸せや喜びを人と感じあったり分かち合ったりすること。

なんだかみんなそういうふうに動いていっているような気がする。

光と闇、両極端に表れ出している今の社会、個人。

何を選択するのかの中にこそ本当の自由があるんだと思う。

他人や周りや社会や環境のせいにしないで、自分のことは自分で決めること。

自由って、そういうことなんだと思う。

 

 

 

広告を非表示にする

北風と太陽

ほんとうにいろんなことが日々起きるのだけど、それはパズルのピースをひとつひとつ拾い集めているような感じ。

なにも関係ないような出来事たちも同じ大きなパズルのワンピース。

楽しいことばかりではないけど、その大きなパズルの存在を感じながら、ひとつひとつ、なんとか集めては嵌めていく。

そんな感じ。

 

昨晩は腹わたが煮え繰りかえるような怒りで夜中まで眠れなかった。

怒りなんて意味ないしそんな無駄なことしてないで早く切り替えようと頭でわかっていても、無理だった。

だってお腹が怒ってるんだから。

腹が立つとか、腹わたが煮え繰りかえるとか、ほんとうにそう。

頭よりももうお腹が怒ってる。

ひたすらお腹に手を置いていたら、お腹からものすごいエネルギーみたいのがシャーーーーと出ていて、手がビリビリしていた。

朝が来る前にいつのまにか眠り、目が覚めても、まだお腹には怒りがある。

というか、ずっと昔からこれはある。

私は、自分のエネルギーの強さを怖れていた。

自分のエネルギーの強さや思いや言葉をそのまま相手にぶつけることで、人を怖がらせたり傷つけることがたくさんあったから。

それは諸刃の刃のように私にはね返り、何倍も私を傷つけた。

だから私はそれを封印しようとした。

隠して、なかった事にしようとした。

自分は弱いと思い込んだ。

でも私は本当はめちゃくちゃ強い想いのチカラを持っているんだと思う。

その使いかたを変えていかなきゃ・・・と思っている。

怒りも愛も、同じ、エネルギーだ。

エネルギーの使い方を、変えていこう。

北風と太陽のはなし、

北風になるか、太陽になるか。

それを自分で選ぶ。

ただ怖れて押し込めるのではなくて、活かしていく。

使い方を、変えていく。

それしかない。

私のこの腹にある怒りのエネルギーを、

ただ浪費して腐らせるんじゃなくて、

自分を動かすエネルギーに変換する。

太陽はすべての生き物を生かすけど、その強力な熱量ゆえ殺すこともできる。

この身体の細胞のもっともっと細胞を小さくした素粒子の、それを震わせ続けるエネルギーの力をどう使うのか。

どう爆発させるのか。

 

今もお腹がカチカチでぎゅうっとしてる。

このぎゅうとしたものを発散しなきゃ。

破壊ではなくて、生かすほうに。

何があっても、もうわたしを幸せにするほうに使うと決める。

今決めた。

どうやって使うか?そんなのわからない、でも、とにかく私を幸せにするほうにだけ使う。

 

 

広告を非表示にする

そしてノート。

脳みそは間違う。

間違いたくないからあれこれやかましくなってしまう。

間違いたくない、失敗したくないからどんどんやかましくなって、どんどん怖くなって、わー!ってなってぜんぶおじゃんにしたり、ほらやっぱり間違った!とかになったりしてしまう。

ホ・オポノポノは本来、正しいものをさらに正す、という意味だと、ロミロミの真理子先生に昔聞いた。

古来ハワイの教えには、間違いという概念がないない。

もともとが全て正しい、その正しい道をさらに正す。

それがホ・オポノポノの意味だと。

それを聞いたときに、あぁ、ロミロミがなんなのかすら知らずにいきなり合宿に参加してしまったけどよかった!と思った。

私はそういう謎の瞬発力でものごとを決めて動くときもあるけど(そういうときは何も考えてない。身体が勝手にやってる感じ)、基本的にはすごく優柔不断だ。

カフェでメニューを決めたりするときに、よく迷う。ものすごく迷う。

迷えば迷うほど迷う。

そして、あ、違った・・・欲しかったのこれじゃない・・・ってなる。

でも、

そういうのって、もしかしたらどちらを選んでもそう思うんじゃないか?とふと思った。

 

アイスティーと迷いに迷って買って、間違ったな、と思ったホットのハニーラテがいま手元にある。

私の正解はきっと「どちらも飲みたい」。

もしくは「どちらもいらない」。

そして私が選べないのはきっと、「すべて欲しいから」。

もしくは「なにもいらないから」。

同じことならどっちがいいかな。

 

というわけで、アイスティーも買ってみた。

美味しい。

 

癖と、習慣と、思い込み。

我慢と、罪悪感と、不安。

せっかくだから、そういうより前の、もっとむかしのほうのところで遊びたい。

その自由なところをもっと思い出して思いきり遊んでみたい。

とにかく今を遊んで遊んで遊びまくればそれでいいんだと思う。

 

 

花はきれい。

花はほんとうにきれいだ。

花はほんとうにきれいだ。

公園で、風が吹いて、花が揺れている。

ピカピカ光ってる。

花が好きだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

静かな夜

なんだかすごく静かな夜なので、過去の静かな夜たちが思い出されるけれど、もうそこには私はいない。

時間は縦に流れているのではなく、あの時はあの時のままでポカンポカンと宇宙に浮かびながら違う次元に存在しているんだろう。

私は今ここにいる。

過去でも未来でもなく。

それはとても、開かれている。

 

広告を非表示にする

あらたさん

本音、というタイトルの記事は、数日前に書いて、投稿出来ずにいた。

何度も投稿しようとしては保存し、投稿しようとしては保存し、そのたびにどんどんお腹は痛くなりガチガチになっていった。

恐怖ってなんだろう?

何がそんなに怖いんだろう?

怖かったら、飛ぶしかない。

昔、東大東島で、真夜中に、波がザンザン打ち付ける断崖絶壁を飛んだことがある。

波のしぶきで滑る足元、左手は崖、右手は眼下に真っ暗な海、1メートルもない足場、目の前は道が途切れてそこにザンザン高波がぶち当たっている。後戻りは出来ない、進むしか家にたどり着く道はない。ジャンプして向こう岸に届かず落ちたら、波にさらわれて確実に死ぬ。空には満天の星。波の力強い音。真っ暗な世界。

私はリアルな死の恐怖に泣いた。生まれて初めて足がガクガクと震えた。自分の心臓の音が波の音よりも大きく聞こえ、すごくうるさかった。

泣きながらも変に冷静な一部分が、漫画とかドラマで見てたけど怖いときに足が震えるって本当だったんだ・・・と思っていた。

あんなに覚悟したことって、後にも先にも無いかもしれない。落ちたら死ぬけど生きるためには飛ぶしかなかった。

進むしか道がなかった。

やるしかない!というのは、出産と似てる。

出産も、怖くても痛くても死ぬかもしれなくても生むしかない。

命がけ、って、やるしかない、ってことなんだな。

しばらく泣いて震えていたが、腹をくくり、深呼吸して、向こう岸だけをみて、波が引くタイミングを見計らい、私は飛んだ。

それで無事崖を飛べたので、私は今ここでブログを書けているのだけども。

あのときのことを、久しぶりに思い出した。

なぜ大東島なんてところで真夜中に海沿いの崖を何時間も歩いていたかの詳しい説明は端折るけど、簡単に言うと、あらたさんという島のおじさんと、大東島でかぼちゃの栽培をして出会ったてるちんという男の子に、いっしょに魚釣りに行くか?と言われて、はい!行きます!とかるーい気持ちで答えてついて行った結果の出来事だった。

泣いて足をガクガク震わせていた私が腹をくくり崖を飛べたのは、すでにピョーンと崖を飛んだあらたさんが「だいじょうぶだから、掴んであげるから!落ちたら助けてあげるから!」と手を差し伸べていてくれたからだ。

今思っても、あれ落ちてたら絶対助けられなかったよねと思うけど、でもその時のあらたさんを信じるしかなかったし、自分で飛べると信じるしかなかった。

無事あらたさんの家にたどり着いてみんなで深夜3時のカップラーメンを食べていたとき、しみじみと「本当に死ぬかと思いました」と言ったら、あらたさんは「まさかぁ!」と大笑いした。本当にびっくりした。私にとっては生きるか死ぬかの出来事も、あらたさんにとってはまさかぁ!と笑い飛ばすような出来事であり、私にとっては生きるか死ぬかの大冒険も、あらたさんにとっては魚釣り、なわけで。

なんだか私も気が抜けて笑ってしまった。

あのときのカップラーメンの美味しさやあたたかさを、今、久しぶりに思い出した。

 

諦めかけていたこと。

私は楽しく生きたいと思う。

生きることを、楽しみたい。

そして私は文章を書くのが好きだ。

下手でもなんでも、とにかく好きだ。

ことばが好きだ。

ことばが好きで、人と分かりあいたくて、それが叶わないことが辛すぎて、もう傷付きたくなくて、コミュニケーションを絶ったり、言葉ではないコミュニケーションを探したり、手話なら想いがまっすぐ伝わるんじゃないかと勉強してみたり、言葉ではなく触るほうが早いとボディワークをしたり、色々してきたけど、

私は本当は人が好きで、分かり合える瞬間があったら嬉しくて、生きている喜びを分かち合いたくて。

私は、仲良くなりたいんだ。

命の、震える喜びを、それを感じ合いたいんだ。

私は文章を書くことが、好きだ。

私は生きていることが、好きだ。

少しづつでも、怖い、より、好き、が上回っていきたい。

だってやっぱり、そのほうが楽しいから。

 

あらたさん、元気かな。

ありがとう。

 

 

広告を非表示にする

夢で七尾旅人と遊ぶ

今日まで書いてきたことって、人様に見せなくてよい部分だと思う。

優雅に泳いでいる白鳥が水面下で脚をバダバタさせている、その脚のバダバタだから。

めちゃくちゃバタバタさせているやつだから。

それを本当には見せないのがプロなんだと思う。

いくら脚をバダバタさせてても、そんなことは見てる人には知ったこっちゃなくて、スイーッと美しく泳いでいる姿を人は見るし、それを見せるのがプロ。

なんだろうけど、

わたしがなりたいものは、なんとなく、少し違う気がする。

そのことはだんだん、やっていけばわかっていくんだろう。

負け惜しみではなくて、なんていうか、もっとフラットに軽く、スイーッもバタバタも愛おしくいられる境地があるような気がしている。

のだけど、

それはとりあえず、

置いといて、

 

 

今朝、夢を見た。

途中まで見えないものに追いかけられるという悪夢だったのだけど、その見えない何かから逃げて入ったお店に、ライブハウス兼飲み屋をやっている友だちが七尾旅人を連れてやってきた。

現実世界でも私は七尾旅人が大好きで、ライブも何度か見に行ったりしたのだけど、夢の中でも七尾旅人はものすごくかっこよくて、目の前で歌を歌い始めた。

本当に目と鼻の先で歌う旅人(呼び捨てごめんなさい)の歌を聴きながら、私は地面にあった紙に色ペンで絵を描き始めた。

すると旅人も歌いながらその紙に絵を描き始めた。

なので次は私が鼻歌を歌った。

それを交互に繰り返したり、いっしょに歌ったり描いたり、それはそれは夢の中でも本当に夢のように楽しい時間だった。

そう、夢なのだけど、感情は本物で、目覚めてからもあの楽しかった余韻にしばらく身体が踊っていた。

久しぶりに絵を描いて歌って、旅人の感性と遊んで、本当にワクワクした。

あんな気持ちは久しぶりだった。

夢の中で旅人は、あなたのことを覚えている、と言っていた。

前に見たことがあるんだよ、と。

 

あれは私の見た夢だったけど、ほんとうに、いつかの未来の現実になったらならば、どんなにいいだろう。

ある瞬間、ふと懐かしむように未来が見える気がするときがある。

見えるというか、身体ごと重なるというか。

そんなふうに、今は無いものの感覚、手触りをはっきり感じるときがある。

振り返ってみると、それらはすべて現実に現れた。

あの夢の、あの手応えを、忘れないでおこうと思った。

 

(私が、この人大好き!という人が二人いて、一人はさかなクンでもう一人は件の七尾旅人なのだけど、

よく見ると二人とも、すごくかたよっている。

よく見なくてもかたよってるのかも。)