未来ちゃんノート

未来ちゃんへ話したいことや書きたい手紙などを取り留めなく綴るノート

現在地

このブログを書き始めて未だに誰にも知らせていない。

未だに怖れている。

過去に書いたものを見る気もしない。

恥ずかしくて見れない。

とにかく書く。

過去のことなど書いたって、

そう、

ほんとそう、

でも、

それを書かなければ、今ここにいる私と数ミリ違う。

数ミリ違えば5年後、10年後は数センチ、数メートル違ってる。

 

そういうことなんだと思う。すべて。

その数ミリを、無かったことにせずにどれだけ感じ、見ていけるのか、ということ。

 淡々と見ることはものすごくきつい。

まだ間に合う。生きているから。

生きたい。それだけ。

書いてみて、客観的にして初めて分かることはある。

いらないものをいつまでも持っていても仕方ないし、どんどん重たくなるなら不自由になるだけだけど、むげに捨てることもしたくない、だってそんなことしたらここまで頑張って生きてきた自分が可哀想じゃないか。

どんなに間違ってても馬鹿でも、それは自分なのだ。

そのときそのときで、精一杯頑張って生きてきたことだけが、今のわたしのきれいなタマで、それがあったから今ここにいるということ。

よくぞ死なずに生きてきたなぁ、と労い感謝して、これからを悔いないように生きればいい。

自分のために。

本当にここを去るときに、あぁ、よくやった!と、楽しかったね!と自分と言い合って笑って去りたい。

これまでの自分へのレクイエム、鎮魂歌、これからの自分への約束。

人はそんなに簡単に変わるわけない、リセットなんてできない、そうかもしれない、

でも、と思う、

わたしはわたしのままで、にじり寄るようにでも、わたしの真ん中へ。

わたしのど真ん中。

そこで遊びたいと強く思っている。

 

広告を非表示にする