未来ちゃんノート

未来ちゃんへ話したいことや書きたい手紙などを取り留めなく綴るノート

さよなら未来ちゃんノート

暑くても、空気の中にはもう秋の気配がしています。 ひっくり返って死んでしまったセミたちを踏まないように自転車を走らせる。 空にはトンボが異常発生したりしている。 明日は台風が来るらしい。 ひっそりと書いていた未来ちゃんノートを終わりにします。 …

夏休み

夏休み、上の子と歩いて電停に行き、電車に乗って街に行って、ポケモンガオーレを二回やって、電車に乗って歩いて帰ってきた。 ものすごく暑かったしものすごく無意味っぽいし、炎天下40分とか歩いてイライラしたり、疲れて頭痛くなったのに、振り返るとな…

ティキ

5つの小説を書いて、それが、抜け出るための何か、であることはすごく分かっていたけれど、そこを一足飛びにすることは出来ないから、とにかく書くしかなかった。 この未来ちゃんノートにもいつか、こんな過去のこと書いてても仕方ないし先の方へ向いている…

つづきのつづき

そのつづきを書こうとしたらもうどうでもよくなってしまった。 ずっと前に買って(たぶん三年前くらい?)どうしても読む気が起きなかった岡村ちゃんの、いろんな人に「結婚って?」と聞きまくるインタビュー本を、急に読み出してる。 そのなかに、シーナ&ザ・…

つづき

つづき そして、ああ!!!とわかったことがあって、すごく衝撃だった。 あーもーいい!から考え出して、 私なんでアラーキーと陽子さんとか、ジョンとヨーコとかにすごく憧れてるのかな?と思って、 そしたらうちの親がなんで結婚したんですか?っていう、…

いちばん遠い

望んでいた場所とぜんぜん違う、ずいぶん遠くに来てしまったなぁ、とコーヒーを飲みながらポカーンとしてしまった。 あぁ、私の願うふたつのこと(生涯の人生のパートナーと、ハワイ、つまり幸せ)をサクッと叶えているこんな人たちもいるのか・・・と、ひとり…

私から生まれた人

人を生んだことがあるなんて信じられない。 覚えてない。でも覚えてる。 忘れてしまう。でも忘れていない。 人間のこと。 おんなじように見えてもみんな違うし、 違うように思えてもみんな同じ。 それはまあいいとして。 子供の肌は落ち着く。 すごくしっく…

アラーキー

10代の頃、アラーキーが好きで、アラーキーの個展をやるときはいつも見に行っていた。 原宿のラフォーレで個展をやったときは本人が来てサインをしてくれるというので、階段に出来た長い列に並んで、持っていったいちばん大好きな写真集「陽子」にサインを…

彼方からの手紙

先日の満月あたり、もういいかな、と思い、色々捨てようと思った。 そうしたら、つぎへ、というタイトルの日記に書いた、大切な手紙が、出てきた。 その人と会ってすぐの誕生日にプレゼントしてくれた直筆の絵の額縁を開けてみたら、裏に入っていた。 そこに…

めくるめく

ずいぶん長いこと、左の鼻の奥の奥のほうで血が滲んでるみたいで、口の中が血の味がしたり、それがのどの奥に垂れて鉄の味がしたり、ツーンと痛かったり、下を向くと鼻血が出たりする。 自分の身体に何が起きてるんだろうな、と思う。 見えない。 みぞおちの…

別府

到着した別府は海の匂いがして、海の風が吹いていた。 良いとこだなぁと思った。 熊本もいいところだけど、空気感が違う。 私が住んでるいるところは海から遠いし。 海が近くにある街独特の、フワッと身体が軽くなる感じ。 私が南の海が好きだから余計それを…

恋について

子宮委員長のはるちゃんのブログを歯磨きしながら、ふんふんとながら読みしていたのだけど 「経験も年齢も立場も経済力も外見も関係なく、 恋する勇気を忘れないで欲しい。 愛されることを怖がらないで欲しい。」 という言葉だけが立体で飛び込んできて、 思…

満月◯

今日満月かー◯ そうかそうか 未来ちゃんノート なんではじめたのか、 なんで未来ちゃんノートって名付けたのか ふしぎだな これもやっぱり、 過去の未来の私からのエールなんだ、 きっと◯ まる◯

ほんとうの未来ちゃんノート

もうほんとうに未来に進まなきゃいけない 過去を全て捨てて 過去を全て手放して もうそうしないとならない そうしないとここから先へは進めない これは私の死活問題だと感じる 重たいままでは、もう先へ進めない 進みたくないならこのままいればいい どうす…

パラレルっている

昨日書いたことなのだけど、 小説が本当に過去や未来からの予言みたいなことになっているのを、朝イチのネット検索で知る。 なんで朝イチで知ったかというと、最近毎日夢に見る人がいて、なんか、そうなんだろうな、と思いながら調べたら、やっぱりそうで、…

薔薇の花

小説も大まかに四作書き終えて(打ち込みとか推敲とかぜんぜん出来てない・・・)、 読み返すと、予言じゃないけど、 未来の私からのエールみたいに思えるときがある。 同時に過去の私からのエールにも思える。 すごく不思議だ。 書いてるとき時空がないような…

ストレンジャー

昔から、子供の頃から、懐かしさと淋しさという感覚が常にあって いつでも 常にあって それで、空を見ていた 空を見ているといつも涙がでて 懐かしかった 今私はここに生きていて ここにいながらここのわたしと、全体のわたしがいる感覚を、 みんなそうだと…

日常

上の子が、39歳のあいだは手を繋いであげる、と言ってきたので、 40歳になったらもう繋いでくれないの?と聞くと、 たまには繋いであげる、と優しく答えた。 信じられないけど、本当に子どもが手を繋いでくれない日が来るんだな。 うっとおしいくらいに…

ボーナスタイム

このブログをはじめてから、 やっぱり書きたい!書く! となり、 書き続けている。 書くことは面白い。 書き出すまで自分が何を書くかわからないし、 書き終えて、あーこんなことを書いたのか、と思うし、 うへー、とか、 へ〜とか、 色々ある。 しいたけ占…

何にも縛られたくない 自分の想いにも どこまでも軽やかに自由でありたい 赤いエンジンと太陽 旅 自分を取り戻せ 遥か昔からの自分を思い出せ 本当に思い出したら常に忘れられる そこに「軽み」がある

三部作。

三つ目のものがたりも書き終わった。 たぶん、どのものがたりも、 ひかりのことしか書いてない。 だから、もう、これは、たぶん、わたしの中の、ひかり三部作。 このあと、何を書くんだろう?わからない。 でもきっと、ずっと、変化していっても、書きたいこ…

近況的なこと。

久しぶりの更新。 相変わらずいろんなことが内的に起きてはいるけど、もうそんなの当たり前。 今は3つ目のものがたりを書いていて、これも、なんでこれ書いてるの?という感じの話だけど、とにかく書く。 これ書くのすごく疲れるし、なんか重たいし、怖いし…

わからない。

わかってる。というブログタイトルで書いたけど、わかったつもりになることほどつまんないことはないなって思ってる。 わからないけどわかってる、けどわからない、ということを、わかっていたい。 みんな自分の世界しか見れない。 誰だって、私だって。 私…

わかってる。

さっき、数日前のブログ、二つ目のものがたりを書き始めたときのものを読んだけど、 あんなこと書いたの全然覚えてなかったから、驚いた。 でも、いつだってそうなんだ。 いつだって、わかってるんだ。 「わかってるけど、わかんない、 わかってるけどわかん…

つぎへ

長く付き合って別れた人から最後にもらったすごく大切な手紙が、いつのまにか無くなっていた 捨てたかった手紙 捨てられなかった手紙 間違って捨ててしまったんだろうか? 動揺した でも、 もう、いいのかもしれない、と思った 記憶ってなんだろう? 生きる…

下半期のしいたけ占い

下半期のしいたけ占い(射手座)を読んで、 「あなたはこれからも人を好きでいてください。そして、たくさん人を愛してください。」 ということばに、泣いた。 ここにこそ、私のすべての喜びも悲しみも、生きるすべてが詰まっているから。 そしてまた私は旅人…

やってみる。

ものがたりのふたつめを書き終えたのだけど、なんていうか、詰め込みすぎだろこれ・・・という感じなので、どんどんまだまだ、変えていく。 ひとつめの推敲もまだ出来てないので、早く書きたいけど、書き写すのがめんどくさい。 やっぱり、パソコンでやろう…

ひか り

なんでいまこれを、書くんだろう、 そう思っていたときに、 友だちからのメールにより、 よりくっきりと思い出され浮かび上がってきた感情は、 「みじめさ」だった。 あぁ。 あのときの、あの、みじめな経験と、みじめな思いを、 未だに引きずるこの惨めさ無…

書く。

新しく書き出したものは、 あまりにもナマモノで、 わたし自身、 うっ となっている。 あんまりにも生々しいのであとで変えていくかもしれないけど、 どこにいくのかわからないこのものがたりと、 いっしょに伴走しようと思う。 わたしがやりたいことは、 い…

出雲大社にいくぞ

去年からずっと、出雲大社と厳島神社に行きたくて。 理由は特にないのだけど。 しかも行きたいというか、やたら頭をよぎるとか、やたらその名前を人から聞くとかなので、とりあえず、ああ、と思いながらも、その時まで待っていたのだけど、 あ、これはもう行…

書けました

そういえば(っていうのもなんだけど)誕生日までに書く、カタチにするぞ!と思っていたものがたりは少し前に書き終わった。 たぶん10日ほどで書き上がり、今は推敲中。 多分何度か推敲していくのかな、と思う。 わからないけど。 どのくらいの長さなのかも…

ムーブメント

昨日も書いたけど、最近またものすごく動きがあるから(内的な)、あまり何かを書くという気にならないのだけど、 多分内的に今起きていることがこれから外的に大きな変化としてあらわれてくるんだろうという予感がしている。 自転車もいいけど電動自転車はも…

メモ

また色々すごく動いているので、このまま満月に突入。 今はきっと睡眠が整理してくれるはず。

最近、昼間の青い空に白い月が浮かんでいるのを見て、思わず月に手を振った。 おーいここにいるよー ここで元気にやってるよー って。 何も考えずに思わずやってしまったので、とっさに周りを見回したけどさいわい人はいなかった。 なんかすごく元気が出た。…

チビトマト

毎週、友だちの高田くん夫婦が作っている無農薬野菜の宅配をお願いしている。 すごくおいしいし、とにかくきれい。 私は料理が別に好きではないので、子どもたちに凝った美味しい料理をつくると考えただけで、ものすごくプレッシャーになる。 料理が好きでは…

見たい

ものがたりを書いている。 誕生日までにカタチにしようと思って。 ウィンドウタッチも出来ないのし、電話の画面は目が疲れるので、ひたすらノートに手書きで書いている。 スーパーアナログだ。 手が遅くて追いつかないからグチャグチャのミミズみたいな文字…

大人になれば

朝、子どもと公園に行き、ただ子どもの動くほうへなんとなくついて行き、なんとなく見たり、時々話しかけたりしていた。 私は子どもと遊ぶことが本当にできないので、自分の好きなようにしている。 まだ下の子は小さいのでいっしょにいられるけど、上の子は…

それならば。

キリンジの「エイリアンズ」という曲が凄く好きだ。 美しいイントロと、美しいメロディと、美しい歌声と、あの歌詞。 まるで僕はエイリアン、じゃなくて、 まるで僕らはエイリアンズ。 ひとりじゃなくて、ふたり。 ぼくたち。 わたしたち。 二人きり。 それ…

海の向こうの海

昨日、髪の毛を切るために久しぶりに街に出た。 通り道に、とても小さいけど、巨木が立派な神社があるので、御守りを返しに行こうと立ち寄った。 お参りをして、なんとなくおみくじを買うことにした。 無人の台の上に、おみくじが置いてある。 丸い穴に手を…

追記:エビ入りパッタイを作る

追記: 何もしたくない、しない!と言いながら、 普段よりもめんどくさい、普段もなかなかしない(めんどいから)エビの背ワタなんか取って、パッタイを作ってる自分のナゾ 何にもしたくない、より、微妙に、エビ食べたい、の方が勝ったらしい それというのも、…

なにもしたくない日

今日は朝からぼんやりしてる 頭が働かない だいたいこういう時は、新月の前 足もだるくなるし、動くのも億劫になる 頭が働かないと、頭が静かで良い 身体も動かないから、無理もしない 身体も頭も動くと、やりたくないこともだいたい出来てしまうから、 こう…

追伸

遊びたいム、の記事、さらに続けると、 自分以外のこと、なんでもいいし、どうでもいいし、関係ないって、思っちゃいけないって思ってたんだよね。でも、なんでもいいしどうでもいいし関係ないって思ってるんだよねほんとは。わたし、昔から。良い意味で、で…

遊びたいム

すごく変な言い方かも知れないけど、どうでもいいんだと思う。 良い意味で。 好きにすればいいんだと思う。 遊びだから。 しょせん(という言い方はやけっぱちな感じだけど愛を込めてのしょせん)人間だし、たいしてみんな変わらない。 せっかく地球に身体を持…

ふと

ふと、 「もう、戻れはしないんだもんな」と思った。 そんな当たり前のことがすとんと腑に落ちた。

一泊二日で東京に行く

一泊二日で東京に行ってきた。 出来事としては濃密すぎて箇条書きでメモ。 ・行きの飛行機で、以前乗ったときにパニックになり、無理言ってなんとか緊急に降ろしてくれたフライトアテンダントさんに会い、きちんとお礼を伝えることができた ・途端に機内アナ…

つまり感動

思い出というのは過去で、ぼんやりしているとよく過去のことを脳内で再生していたりする。 そういう時の私はどこにいるんだろうかと思うと、やっぱり身体ごと、今ではない過去にいるような気がする。 それも、本当のその時の過去の時間にいるわけではないか…

自由

生きていることは面白くて、 連絡しようと思い付き、いや、やめておこう、と思った友人二人から立て続けにメールがきた。 元気?って。 そしたらそのうちの一人に、 何かやりたいことがあるの?と聞かれた。 そして生まれて初めてわたしは、 物書きになりた…

北風と太陽

ほんとうにいろんなことが日々起きるのだけど、それはパズルのピースをひとつひとつ拾い集めているような感じ。 なにも関係ないような出来事たちも同じ大きなパズルのワンピース。 楽しいことばかりではないけど、その大きなパズルの存在を感じながら、ひと…

そしてノート。

脳みそは間違う。 間違いたくないからあれこれやかましくなってしまう。 間違いたくない、失敗したくないからどんどんやかましくなって、どんどん怖くなって、わー!ってなってぜんぶおじゃんにしたり、ほらやっぱり間違った!とかになったりしてしまう。 ホ…

静かな夜

なんだかすごく静かな夜なので、過去の静かな夜たちが思い出されるけれど、もうそこには私はいない。 時間は縦に流れているのではなく、あの時はあの時のままでポカンポカンと宇宙に浮かびながら違う次元に存在しているんだろう。 私は今ここにいる。 過去で…