未来ちゃんノート

未来ちゃんへ話したいことや書きたい手紙などを取り留めなく綴るノート

アラーキー

10代の頃、アラーキーが好きで、アラーキーの個展をやるときはいつも見に行っていた。

原宿のラフォーレで個展をやったときは本人が来てサインをしてくれるというので、階段に出来た長い列に並んで、持っていったいちばん大好きな写真集「陽子」にサインをしてもらい、握手をしてもらった。

アラーキーは小さいのに大きくて、かっこよくて、すごく手が熱かった。

陽子さんの死ぬまでを写した「センチメンタルな旅・冬の旅」も大好きな写真集だった。

アラーキーの写真の中にいる陽子さんが好きだった。アラーキーの写す陽子さんが好きだった。

陽子さんから見た荒木経惟という男性を見る目線も好きだった。

陽子さんの書いた文も好きで本を何度も何度も読んだ。

二人がこの世で出会い、惹かれあい、一緒になり、死別していった全てが、それを見ている私にとってとても、特別なものだった。

アラーキーの写真に写る生死、エロスとタナトス、死ぬことが生きることを含んでいるのか、生きることが死ぬことを含んでいるのかわからない、どちらが光か影かわからない、表も裏もない、その官能と無が同居している世界の全てが好きだった。

 

それは、憧れだった。

こんなふうにこんなことが人間同士の、別々の人間の、男女でできることもあるんだ、という驚きと憧れ。

 

今あの頃から20年たって、アラーキーの写真や二人から感じることは、少し変わったかもしれない。

でも変わらないのかもしれない。

わからない。

 

東京での個展を見に行こうと思う。

もう一度見るときが来たんだな。今の私で。

そんな気がする。

 アラーキー、まだまだ長生きして写真を撮り続けて欲しい!

見たいから。

それを見る自分を知りたいから。

 

広告を非表示にする

彼方からの手紙

先日の満月あたり、もういいかな、と思い、色々捨てようと思った。

そうしたら、つぎへ、というタイトルの日記に書いた、大切な手紙が、出てきた。

その人と会ってすぐの誕生日にプレゼントしてくれた直筆の絵の額縁を開けてみたら、裏に入っていた。

そこに入れたことをまったく覚えていなかった。

見つけたとき、一瞬息を呑んだ、けど、改めて読んでみて、あぁ、と思った。

それは、とても良い手紙だった。

それは、今の私にやっと届いたような手紙だった。

そこにあるものをやっと受け取れたような気がした。

だからこの手紙もいつか捨てるだろうけど、今はそのままにしておいた。

ただのその人がただの私にくれたものは、その手紙と絵の二つだけだった。

それ以外のもらったものはすべて燃えるゴミの袋に入れて、夜のうちにゴミ捨て場に出した。

朝見たらもう全部無くなっていた。

あれ?こんなに簡単なことなんだな、って拍子抜けした。

思ってたより、もう、いいみたい。

 

 

 

 

広告を非表示にする

めくるめく

ずいぶん長いこと、左の鼻の奥の奥のほうで血が滲んでるみたいで、口の中が血の味がしたり、それがのどの奥に垂れて鉄の味がしたり、ツーンと痛かったり、下を向くと鼻血が出たりする。

自分の身体に何が起きてるんだろうな、と思う。

見えない。

みぞおちの左側の、胃腸の詰まったような重たい痛みも、もう10年くらいになる。

検査もいっぱいしたし、良くなるようにいろんなことを試したけど、無くならない。

見えない。

 

いつ死ぬかなんてわからないけど必ずいつか死ぬんだな、と子どもの頃から思っている。

身体と一緒に生きていられるあいだに生きていることを楽しみたい。

 

めくるめく世界、すごく怖くて、必至でしがみついていたけど(今も)。

バンジージャンプってわけには行かないけど、そろりそろりと海に入っていくように溶けていっても、

私は消えてなくならないのかもしれない。

怖いけどね。

やっぱり。

 

 

 

 

広告を非表示にする

別府

f:id:Jasuminum:20170713224513j:image

到着した別府は海の匂いがして、海の風が吹いていた。

良いとこだなぁと思った。

熊本もいいところだけど、空気感が違う。

私が住んでるいるところは海から遠いし。

 

海が近くにある街独特の、フワッと身体が軽くなる感じ。

私が南の海が好きだから余計それを強く感じるのかもしれないけど、とにかく、好きだな〜ここ、って思った。

 

別府に来たのは、まるちゃんのセッションを受けるためなのだけど、まるちゃんの泊まってる宿のすぐ横が海で、セッションまで時間があったので、海を見ていた。

海のそばに行ったらもうたまらなくて涙が出て来た。

白い砂の、青くはないけど、海。

私はこんなにもこんなにも海に来たかったんだ、と思った。

来てみないとわからないものだ。

動いてみないと本当には何もわからない。

五感ってすごい。

 

まるちゃんのセッションのことなどは、ここでは書かない。

書けない、というか。

いつでも自分の中でタイムラグがある。

それを味わっている。

でも見えているものもある。

 

「大切なのは、焦らないこと。

焦らなければ、そのうち、きっと。」

映画めがねの中で、さくらさんが言うセリフのことを思い出している。

 

広告を非表示にする

恋について

子宮委員長のはるちゃんのブログを歯磨きしながら、ふんふんとながら読みしていたのだけど

 

「経験も年齢も立場も
経済力も外見も関係なく、

恋する勇気を
忘れないで欲しい。

愛されることを
怖がらないで欲しい。」

 

という言葉だけが立体で飛び込んできて、

思わずなんか、おえーっと吐きそうな感じになった。

五臓六腑を掴まれる感じというか、えぐられる感じというか。

 

私は過去、傷付きまくってきた恋愛たちで、もう本当に恋愛恐怖みたいになってる。

加えてもう年齢も今年で40で子ども二人のシングルで、

結婚どころか恋愛すらできないだろうと思っている。

私みたいなわけわからない人に恋されても迷惑だろうなと深いところで思っちゃってるな、と知り、おえーっとした。

かなしい。

こんなにも自信喪失してるなんて。

わかってたけど自覚したら、ものすごく、落ち込んだ。

 

このまま一生恋もせず人と付き合うこともせずデートもせず死んでいくのか・・・淋しい。

でもさ。

ひっそりと、知られずに好きになるくらいはいいよね。きっと。

と、思った。

そういう恋くらいはしてもいいよね、そういう恋くらいしてもいい自分になってもいいですよね、と。

 

 

だって、せっかく人間に生まれたし。

女に生まれたし。

ほんと。

 

ほんとに!

 

 

広告を非表示にする

満月◯

今日満月かー◯

 

そうかそうか

 

未来ちゃんノート

 

なんではじめたのか、

 

なんで未来ちゃんノートって名付けたのか

 

ふしぎだな

 

これもやっぱり、

 

過去の未来の私からのエールなんだ、

 

きっと◯

 

まる◯

 

 

 

広告を非表示にする

ほんとうの未来ちゃんノート

もうほんとうに未来に進まなきゃいけない

過去を全て捨てて

過去を全て手放して

もうそうしないとならない

そうしないとここから先へは進めない

これは私の死活問題だと感じる

 

重たいままでは、もう先へ進めない

進みたくないならこのままいればいい

どうするか、私が選べる

 

諦めて、受け入れた先に、

新しい扉があるんだろうな

痛い、でも、

ほんとは痛みすら、幻想だ

だってもう、その向こうに行ってる自分が見えるから

でも今痛い私もここにいるから、

大丈夫、

大丈夫、

わたしがなにも知らなくても、わたしはちゃんと知っている。

 

はー、ほんと、

色々ある。゚(゚´ω`゚)゚。